料金を比較

治療工程を減らす

インプラントの種類に含まれるワンピースは、顎の骨に埋め込んだ時から、インプラントが歯肉の上に露出している状態です。その状態で、チタンと骨が結合するまで待ってから、人工歯根に義歯などを付けます。 ツーピースは、インプラント顎の骨が結合した後、2回目の手術によってアバットメントといわれる軸などを付け、その後義歯を付けます。 ツーピースが行う手術回数2回に対して、ワンピースは1回だけで軸の取り付けもないのです。よって、ワンピースはツーピースの価格に比べて安い傾向にあるといわれています。

形状と表面加工の変遷

現在では、インプラントに使うチタンの表面を、凹凸にして顎の骨と結合しやすく、分離しにくい構造になっているものもあります。そして、フィクスチャーと呼ばれている、顎の骨に埋め込むチタンの表面に、歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイトを、表面加工したものもあります。これらは、顎の骨とインプラントの結合を促進して、早期治療を行う効果があると期待されています。 しかし、以前のインプラントにおいては、その形状がネジ状で、表面はツルツルしたものが多かったのです。時代とともに、顎の骨に埋め込むインプラントは進化しており、また、その表面加工や、形状も変化しているのです。 現在の時点では、各社のインプラントは構造と表面処理方法が異なっており、どのインプラントが良いのかということは、分かっていません。ですが、今後、結合性の高い表面加工や形状が、開発されると期待されています。

Copyright© 2015 インプラントの治療料金を比較しよう~笑顔でわっ歯っ歯~All Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com